お値段通り ニトリ♪

結婚式の後始末も落ち着いて、新居の模様替えを始めたのですが、
先日、近所のニトリで買った棚を組み立てようと思ったらビックリ。

説明書の1枚目に書いてある、11番という板を探しても、どうしても見つからないのです。
箱を開けてそのままパーツの番号順に並べているので無くすわけもない。
説明書をガン見していると、なんと1つしか必要ない17番のパーツが2枚入っている。オイオイ。

組み立てるのは面倒臭いので、一念発起して、箱を開けているわけです。
それが、開始5分で作業が詰んでしまった上に、
収納するために買った棚のパーツで部屋が散らかってる景色を見て
ちょっと涙目になってしまいましたよ。

そして、検品の証書に押してある中国語の人名とMade In Chinaの文字。
安かろう悪かろうとはまさに此の事。お値段通りじゃねーか!ニトリ!


とまあ、一時的に怒り心頭だったわけですけど、よくよく考えると、
一時しのぎの家具が欲しくて、わざわざニトリに買いに行っているので、
想定内といえば想定内の問題です。心頭滅却し、ひとまず翌日まで待って、
サポートセンターに連絡を入れてみました。


すると、サポートセンターの担当者はレシートの番号や商品番号を聞いてきて、
さらに説明書の細かいところまで確認しながら、間違えているパーツの番号や
形を質問してきました。

驚いたことに、4日後に宅急便でパーツ交換に伺うというのです。しかも無料。
意外といい対応じゃん!!と、思ってしまいました。


どのようなクレーム対応をするのかも気にしていたので、直ぐに思ったのですが、
サポートセンターの担当者のパーツ交換の手続きが、あまりにもシステマチックでスムーズ過ぎ!
他のお店でここまでスムーズに部品の交換してもらったことはないです。ある意味、神対応。

やはり、これだけパーツ交換の対応がマニュアル化されているということは
商品のパーツの入れ間違えや、破損しているケースが相当、多いのではないだろうか。

ニトリの安さの秘密は、人件費の安い中国などの海外の生産拠点にあるのだから、
それは品質は悪いだろうし、商品の梱包間違いも多いのは当然だろう。
しかし、その品質の悪さを前提にサポートセンターに力をいれているのであれば、
力の入れどころが違うのではないかい?? 

サポートセンターの問い合わせを減らすように、
良質の製品を作って欲しいと思うのは俺だけ??

ニトリのサポートセンターの神対応に感心はしたものの、
なんとも釈然としない出来事でした。