備忘録 - 200/04/28

ビジネス関係

シゴトハック研究所:読むべき本が多すぎて困る【解決編】 - ITmedia Biz.ID
書籍管理Webサービスというのは、面白そう。

議事録の書き方 基礎講座 - livedoor ディレクター Blog
会議で決まったこと+次回までの宿題、を要約しておけば八割方OKだと思う。

 

システム関連

文字コードを変えて一気に出力する方法(PHPのob_start) - IDEA*IDEA

20年後の日本のWebを牽引しているのは? - 日経トレンディネット

ニコニコ動画から、『mixi』の日記投稿が可能に
Amebaブログも投稿可能に。MovableTypeでも使えないかなぁ・・・

Scriptを使わないCSSエフェクト、Tipsいろいろ - DesignWalker

Gmailに自動ログインできるURL
諸刃の剣・・・

ソフトウェア関連

プログラムの動作テスト用のダミーデータを簡単に大量作成「プラデータ」

 

雑記

長野県警さんって一体…:FREE TIBET
 長野の聖火リレーの雑記。自分も朝からTVで中継を視聴してました。雲霞の如く沸いている中国人留学生には恐怖を覚えるが、警察官の対応というのはあれで仕方がないと思う。「日本人」と「中国人」どちらが面倒がないか、という観点での対応で心情的には最低な対応と思うが、中国人留学生は一応お客さんだし、外交上・安全上は仕方がなかった、と思える。中国でのアジア大会の時を思い出してみ。一応、日本人サポーターは中国人警官に守られていた。警官の役割ってそんなもんだ。

 本来なら聖火リレーのルートやゴールには「五輪の旗と日本の国旗」が並んでいるべきで、中国でもチベットでもない。聖火リレーの枠組みの中では、中国はホスト国であり、日本人であろうと、「チベット支援者=リレー妨害する可能性のある集団」という定義になり、保護対象としてランクは最下位だ。本当のチベット人活動家が潜入している可能性があり、かつチベットの旗をもっている集団を優先するわけがない。警官は日本人を締め出したわけではなく、あくまで「チベット支援者」を締め出したわけだ。

 そもそも、警察が今回のような体制を引き、現場にどのような指示を出すかは、事前に想像できるレベルだったわけで、チベット支援者は、「スタート地点は無視して最初からゴール地点に陣取っておき、そしてゴールの瞬間に隠していたチベット国旗を一斉に掲げる!」ぐらいの奇抜な策が必要だったと思う。流石に警察も先に陣取っている普通の日本人を締め出すことはできんだろう。

「抗議活動」も有効な手段だが、一歩間違えるとプロ市民や中国人と同じ穴のムジナになりかねない。その点では善光寺の対応は最高に良かったと思う。チベット支援者は善光寺に集結して、リレーには中国人だけにしてしまった方がネタ的にも美味しかったのではないか?


ともかく、聖火リレーで良く分かったことは、「外国人の地方参政権」は絶対にダメだって事。選挙の時に聖火リレーみたくなるぜ!間違いない。これだけは要チェックや!